アナウンスメント効果

中央銀行の窓口指導など量的な金融政策も公定歩合の動向に沿って動かされる動かされるので、公定歩合が下がれば全般に金融は緩み、企業は先行きの資金繰りが楽になることを予想して、積極的に投資を増加させようとします。公定歩合操作のこうした効果を、アナウンスメント効果と呼称します。日本銀行はこの効果を狙って、公定歩合の変更を出来るだけ抜き打ち的に実行しようとします。公定歩合操作は日銀の最高意思決定機関である政策委員会が決定します。公定歩合が上がれば、銀行はそれだけ日銀から資金を借りるのに高い利息を支払わねばなりません。銀行はこのコスト上昇分を企業などへの貸出金利に転嫁するので、市中金利は上昇し、金融は締まり気味になります。
ブラック当日融資審査基準来店不要

短期プライムレート

更に、日本の金利体系では公定歩合は中心的な存在なので、公定歩合が動くと、他の金利もこれと同方向に連動します。たとえば、公定歩合が上昇すると、都市銀行が取り入れているコール資金の金利も上昇し、都銀全体の資金調達コストが上がります。個人や企業から集める預金金利の上昇にも繋がります。当然、これは市場金利などに連動する短期プライムレート(最優遇貸出金利)など銀行の貸出金利を引き上げる作用とします。